美白合わないね
ホーム > 屋根 > 屋根に打ち水を行うと「温度を下げる効果」が得られるんです!

屋根に打ち水を行うと「温度を下げる効果」が得られるんです!

屋根に打ち水等の散水をする事で、建物の熱負荷を抑える効果を発揮させる事が出来ます。

庭や道に撒いて涼を取る、あの打ち水と同じシステムです。

屋根に打ち水を行うと温度上昇を防ぐ!

気化熱を利用して、屋根の温度上昇を防ぐ事に繋げる事が出来ます。

環境により異なりますが、散水した屋根とそうじゃ無い屋根とは、6度程の熱負荷低減効果を発揮させる事が出来たというデータがあります。

屋粘度の上昇を抑える事で、屋根から室内に伝わる熱が減るので、室内温度上昇を抑える事が出来ます。

冷房代の節約に繋がるので、省エネ効果を発揮させる事が出来ます。

太陽光の有るお宅では屋根への打ち水で節電効果も!

もう1つ屋根への打ち水で効果的なのが、屋根の上にソーラーパネルを設置している場合です。

打ち水により、ソーラーパネルの冷却にも役立つ事が出来ます。 ソーラーパネルは、温度が上昇してしまうと発電効果が落ちてしまいます。

夏の暑い時期は、冷却させる事で発電効果が高まるので、節電効果がより高まります。

屋根への打ち水は朝か夕方がおすすめです!

屋根の打ち水は、昔ながらのやり方は朝方と夕方が最適と言われています。

あまり温度が高くない時間帯が、オススメです。

朝方に打つ水をすると、日中涼しく過ごせます。 夕方に打ち水をすると、夜涼しく過ごす事が出来ます。

特に効果を発揮するのが、夕方と言われています。

日中に打ち水をするとすぐ水分が蒸発してしまうので、不向きと言われています。

特に屋根材は、打ち水をする事で急な材料収縮を起こしてしまうので、屋根材が劣化してしまう場合がございます。

それを回避する為にも、暑い時間帯の打ち水は絶対に控えるようにしましょう。

夏日以上の日の屋根への打ち水は、特に気を付けるようにしましょう。

ただ打ち水をするだけで省エネ効果が発揮できるなんて、こんなに手頃な節電方法はございません。

快適に過ごせるように、屋根の打ち水をぜひ取り入れてみましょう。

参照:屋根塗装 千葉